「お小遣いアプリ 今後」「ポイント交換 アプリ 仕組み」「お小遣いアプリ 月」「ショートメールはネットは必要ないのか」【~今日の検索ワードから~】 - NewBのネットビジネス奮闘デイズ

「お小遣いアプリ 今後」「ポイント交換 アプリ 仕組み」「お小遣いアプリ 月」「ショートメールはネットは必要ないのか」【~今日の検索ワードから~】

~今日の検索ワードから~

検索
このブログへの検索ワードから気になったものを取り上げるコーナーです。
コーナー?
…まぁ、コーナーです。




「お小遣いアプリ 今後」


どうなっていくんでしょうかね。
まだしばらくは雨後の竹の子のように新しいものが出てきて、
飲食店よろしく次々に撤退していくんではないでしょうか。

「お小遣いアプリの形をとってはいないけど
他のアプリのダウンロードを促進させるもの」、

(例えばアクションゲームで
「このアプリをダウンロードすると特別アイテム配布!」みたいなやつ、)

それは最近禁止されたらしいですが、
その対象にお小遣いアプリには含まれなかったみたいですね。

ある程度人気のあるアプリにユーザーが集結していって、
インチキなものは淘汰されていくようになるのではないでしょうか。
(というかそうなって欲しい)

「ポイント交換 アプリ 仕組み」


ユーザー側の視点としては、

①発行申請をする
②一定期間待機(即時発行のものもあります)
③アプリ内にギフトコードが表示されるので所定のサイトに入力
(AmazonギフトならAmazonに、iTunesギフトならiTunesに)

こんな感じでしょうか。
①の前にSMS認証やメールアドレス登録が必要な場合もあります。

運営側からの視点では…どうなんでしょうね。

僕ら個人でもAmazonギフトやiTunesギフトは購入可能ですが、
まさか同じように1個1個購入しているんでしょうか?
それとも企業として大量に仕入れるルートがあるのでしょうか。

50円から交換可能なアプリとか大変そうですね。
まぁ流石に「申請受ける→発行する」の仕組みとかは
全部自動化してるんでしょうけどね。

結論:よく知りません

「お小遣いアプリ 月」


例えば毎日50ポイントのアプリをダウンロードすると約1500円分ですね。
でもそこで満足せずもっと上を目指したいところです。

参考までに僕の累計実績を。。


そして何故か貼る過去記事へのリンク。。
パズ石ゲッツ for パズドラの招待ID

・お小遣いサイト・アプリを使って10ヶ月間でどれくらい稼げたのかを発表します
・2014年5月(+α)のネットでの稼ぎ分を発表します

今考え直すと「結果」の発表はちょくちょくしているけど、
そこへ至るまでのプロセスはあまり具体的に書けてないですね。。。

だって記事一つ書くのだって結構たいへんなんだぜ。。。(・ω・)(言い訳)

「ショートメールはネットは必要ないのか」


必要ないですよ。
スマホはおろかガラケーの時代からある仕組みですから。
キャリアによっては対応していないところもあるかもしれませんけどね。
(格安SIMとか)




【今日のこぼれ話】
不正ログインがまたちょくちょく話題になっていますが、
ついに被害に直面してしまいました。
自分にはカンケーないと思っていたんですけどね。
Googleから「不正ログインをブロックした」というメールが来て、
それ自体は未然に防いでくれたようですが、
Googleのログイン履歴をチェックしたところ、身に覚えがないものが一つ。。。。
6/23に東京都練馬区からFirefox 28.0でログインされた形跡が。







。。

こえええええええ(;´Д`)


ひとまずパスワード変えたり2段階認証にしたりしましたが何事もなければいいな…

関連記事
スポンサーサイト

放ったらかしで稼ぐなら広告収入!(・ω・)
忍者AdMax
コメント(メルアド・URLは任意です(・ω・))
非公開コメント