さようならうさまぁる(とんずらっぽい) - NewBのネットビジネス奮闘デイズ

さようならうさまぁる(とんずらっぽい)

うさまぁる


また一つとんずらこいたアプリが増えた


かれこれ3ヶ月ほど前に紹介記事を書いた
(→うさまぁるDEたまぁ~るのレビュー・攻略)
うさまぁるですが、ダメになったようです。

ギフトの入荷をしている気配もないし、
起ちあげてもフリーズ気味の場合が多いしで、そんな予感はしていました。

fc2blog_20140226052832d7d.jpg

さんざんなでてやったのに、後ろ足で砂をかけられたような気分です。
まぁコイツは2足歩行なので後ろ足と呼ぶのかは不明ですが(・ω・)

この世からダメアプリが無くなればいいのに


結局一度もポイント交換をすることなく終わってしまいました。
とはいえうさまぁるに関しては
10ptのアプリを一度DLしたきりだったと思うので、
そこまで目くじらをたてるつもりもありませんが。

数多くポイントアプリを利用していく上では避けられないことです。

(一応ペラ紙一枚程度の公式ページはあったので、
最悪サービス終了まではケツを持ってくれると思ってはいたのですが。)

うさまぁるが失敗に終わったのは
「DL単価が低い」「運営にチカラを入れていない」
あたりが原因でしょうか。

こうしてダメアプリはできる(?)


単価が低いと、うさまぁるしかポイントアプリを知らない人しか利用しません。
他にもっと単価が高いポイントアプリを知っていればそちらに流れるのですから。

そこで「新規利用者を集める」とか、
ランキングやボーナスポイントなどで「インセンティブをつける」といった
運営に関する部分にチカラを入れなければ、ズルズル下がっていくだけです。

ダウンロードがされない→ギフトが用意できない→ますます利用者が離れる→…
という負のスパイラルに陥ってしまっては脱出するのは困難でしょう。

そこでまともな会社なら改善する努力をしたり、
最低限サービス終了まで着地を図ろうとするでしょうが、
「会社」とは名ばかりの個人(あるいはごく少人数)で運営しているような所では
全部投げ出しちゃうのが一番ラクなワケです。

やり直すにしても会社名を変えたり(隠したり)して
まったく新しいアプリを1から運営するほうが損をしないですからね。

うさまぁるは詐欺アプリだったのか?


このブログにはちょくちょく「(アプリ名) 詐欺」といったワードで
検索をかけた人がヒットするようです。

一口に詐欺と言っても
「なんか情報を搾取されるんじゃないか?」
「ポイントを付与しないんじゃないか?」
「ポイントを交換させてくれないんじゃないか?」
と不安視している部分は様々だと思います。

僕自身は民法総則をちょっとかじったくらい
(そして大半を忘れている)の知識なので、
何をもって詐欺とするのかは正確には分かりません。

ただ個人的に「詐欺アプリだ!」という思うことがあるとすれば、
「意図的にポイントを付与しない」行為を行うアプリだけです。

詐欺だとは思わないケース


ことポイントアプリにおいて
「情報を搾取する」ことを目的にしたアプリは無いと思います。
(個人の感想です。)

それを目的にするなら
わざわざポイントアプリの体裁を整えるのは手間だろう、と思うからです。
(個人の感想ですよ。)

ポイントを交換させないというケースに関しては、
今回のうさまぁるのように「運営上やむを得なく対価が用意できない」
という場合がほとんどだと思います。

関心はしませんが理解はできるので、
「しょうがないかな」くらいにしか思いません。

うさまぁるはダメアプリだった


よって「詐欺アプリ」よりは
「ダメアプリ」と言ったほうがしっくり来ます。

「利用者を欺いて利益を確保して、ニンマリと去っていく」…

そんなアプリ像よりは

「勇んでポイントアプリに参入したけど、
てんでダメでボロボロになりながら逃げていく」…


といったイメージのほうが鮮明に浮かびます。
これはまさに「ダメアプリ」という他ないでしょう。

詐欺アプリだと思うケース


順番が前後しましたが、
個人的な印象として「詐欺アプリ」だなと思うものがあるとすれば、
それは「意図的にポイントを付与しない」アプリです。

利用者はアプリをダウンロードし、
ポイントアプリはその対価としてポイントを付与する。
そして利用者は貯めたポイントを金券などに交換することができる。

こういったルールや仕組みといったもの(うまい言葉が見つからない)が
しっかりと土台として存在し、きちんとサイクルとして回っている。

その前提の上で、運営側が意図的にポイントの付与を行わない。

ここまで来てようやく「詐欺じゃん!」と捉えると思います。

例えばポイントを交換させないというケースでは、
前提となるサイクルがきちんと回っていないことになります。

サイクルが回らなければ運営も利益を得ることができませんから、
意図的にやっているのではないだろう・と捉えることになります。

その視点で言う「詐欺アプリ」はあるの?


少なくとも僕の経験でそういったものに遭遇したことはありません。
ポイントの付与が行われない場合でも、故意に行われたものでなく
システム上避けられないケースに当たったのだろうと捉えています。

参考までに過去記事…
ポイントアプリでポイントが反映されないと思ったら考えたい3つの原因

例えば故意にポイントを付与しないケースを100件中5件で行ったとして、
それが利用者の間で「あそこは付与されないことが多い」
といったように広まれば、利用者の減少につながりダメージを受けます。

付与しないことによって「支出」を減らすよりは、
利用者を増やして「収入」を増やしたほうが健全だし楽だと思うのです。

まぁ、そもそも


すべて想像の域を出ませんし、
どのようなケースであっても、
利用規約に同意した時点で本来の意味での「詐欺」には当たらなくなると思います。



おわりに
うさまぁるが終わった(ぽい)ということを書くだけだったはずが、
気づいたらダメアプリ論を長々と続けてしまいました。

もっったいないのでそのうち再構成して記事に仕立てあげたいと思います。

結論を簡単に言えば、

「デイリーボーナス狙いでいろんなアプリに手を出し続ければ、
いくつかはダメアプリに当たる。(それでグチグチ言わない)」


「純粋にポイントアプリを利用したいのであれば、
きちんとしたアプリを選択しよう。(ダメアプリばかりじゃない)」


こんなところです。

ダメアプリかそうじゃないかは経験を積めば分かるようになる…はず。

見分け方とかオススメアプリとかを紹介できるようになればいいなーと思っています。

思ってはいます。
思ってるだけです(・ω・)





関連記事
スポンサーサイト

放ったらかしで稼ぐなら広告収入!(・ω・)
忍者AdMax
コメント(メルアド・URLは任意です(・ω・))
非公開コメント