生まれたばかりの赤ちゃんの肌、あるいは白眼の部分が黄色くなることを新生児●●という。 - NewBのネットビジネス奮闘デイズ

生まれたばかりの赤ちゃんの肌、あるいは白眼の部分が黄色くなることを新生児●●という。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌、あるいは白眼の部分が黄色くなることを新生児●●という。


a) 黄疸○
b) 黄肌
c) 変疸
d) 変肌

新生児黄疸(しんせいじおうだん)は新生児にみられる黄疸。症候の一つ。 胎生期の胎児は成人と比較して赤血球数が1.5~2倍程度多い。これは胎盤での酸素交換が肺より効率が良くないため、胎児は成人と比較するとわずかながら酸素不足に陥る。これを補うため赤血球を増やし、必要な酸素量を確保している。新生児のことを「赤ちゃん」と呼ぶのは、赤血球数が多いため皮膚が赤く見えるためである。へー(・ω・)



ちなみに…


黄肌…キハダ。植物かマグロ。
変疸…そんな言葉はない。
変肌…そんな言葉はない。

みかん。

みかんを食べ過ぎると手が黄色くなるってよく言いますよね。
あれはみかんの色素が巡り巡って脂肪細胞に溜まることによるもので、
黄疸とはメカニズムが違います。

そうですか。

みかんは食べ過ぎというより、皮を剥くときに
爪に挟まってそこが黄色くなったりみかん臭くなったり
っていう経験の方が多いですね。

そうですか。

【追記】
2014年4月1日
なぜか不正解にされました…( ・´ω`・ )

関連記事
スポンサーサイト

放ったらかしで稼ぐなら広告収入!(・ω・)
忍者AdMax
コメント(メルアド・URLは任意です(・ω・))
非公開コメント